気持ち悪いブログ


by sukonbuyeah
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

   

気がつくとペットボトルが部屋に30本くらいたまってます。
どうも、私です。

水分取るわ取るわ

この間COCO壱いってきました。
ちゃっかり600gを頼む私。食べすぎです^^!
300gの友達と同じペースで食べてました。きもいです私^^!
別に大食いってわけではない。

ふぇzはやっぱりすかやってた。
片手もやったけどやっぱりすかのが役に立つようで。
デスパですごい熱い戦いがあったんです。
領域は互角。歩兵は負け気味。だけど押し切られはしないくらいの差
相手はさヴぁん。
構成的にをり20皿20すか10いなかったくらいかなぁ
そりゃもう押されるは押されるは。
これは逆転はきつい!って感じでらすとげーじ突入。
頼れるものはきましかいない・・・
ってことでキマ出るもキプでてすぐ見つかったり。
しかし敵ナイトが少ない。
何匹か単発でくるけどこっちのナイトが5くらい護衛しててふるぼっこ
そして気づくとキプ近かったりする
ここでキマのHPは半分ちょっとしたまわってたかな~結構絶望しながらとっとことっとこ
相変わらず敵ないとは増えなかったり。
そして気づくと崖から飛び降りもうすぐだ!
しかしアムブレ時間、吹き飛ばしなどの歩兵によるダメージ毒ダメージを考えるとちときついかなーとか私は思ってたり。
しかしここでなぜか妨害すかがこない。これはらっきー
こっちにはむかってきたのは両手とうぇいぶ厨。
ナイトだけだったらきっときつかったでしょう。
ここで私の華麗なるあむぶれぱわぶれが炸裂!
歩兵涙目ざまぁwwwwってかんじ。
そして敵がおろおろしてる間にきまどーん
なんとも華麗な逆転勝ちでした( ´_ゝ`)
やっぱりスカがいないとこれはこれできついんだなとすごく考えさせられた一戦でした。



躾と虐待については個人個人の境界線なので確かに判断は難しいですね。
虐待を受けた子供は親になったときに同じことをきっと繰り返す。
この負の連鎖をどうにかできないと何も始まりませんね。
一部の機関などではそういう取り組みを盛んに行っているようですが、如何せん一番大事な私たちの知識、興味がなさすぎる。
しかしここで親の行動ばかりを責めるわけにも行かない。
放置による虐待。
これは結構特異。
子供をほっぽって遊びに行き子供がしんだり、これはわかりやすい例。
しかしもう少し見方を変えれば「子供を叱らない」という見かたもできるわけです。
子供を叱らないことにより子供は本来知るべきことを知らないまま大人になり同じことを繰り返す。それかそれ以上の過ちをきっと起こすでしょう
アメリカでは児童虐待のことを「childabuse」というそうです。
直訳すれば「子供を普通に扱わない」
本来とは違った扱い方という意味
そう考えると虐待という幅も一気に広がってきます。
親が子供を叱らないのは普通ではないですよね?そんな感じです
しかしそれを地域社会などの力を借りて隅々まで見たとしましょう。
そうするとどれだけの負担がかかるのか。それを許容することができるのか。難しいものです

イジメと虐待についても仰るとおりだと思う所存です。
あってはいけないものだけどなくてはいけないもの。
その理不尽さがこの問題を考える気力を削いでくれるのです。
最近は小学校でもハブったりするだけのいじめから、心に直接関わるようなイジメが増えているようです。
私の弟も恥ずかしながらイジメをしていたようで。
何人か登校拒否になる子をだして呼び出しを食らっていました。
直接どんなことをしたのかと聞けば私たちの頃では考えられないようなこともしていたりしました。
だけどほとんどはぶっきらぼうに接したことが原因だったようです。
このぶっきらぼうというのも問題。
ほかの人々と距離を置いて接するようになった現在こういった意志の疎通の苦手、接し方を知らないなどといったいう子供も増えてきています。
こういったぎくしゃくした生活の中からずれが生じ始め、自分にそぐわない人を拒絶していくのでしょう。
子供でこのようなイジメをするのだから大人が考えたらもっとすごいことになる。
社会全体で考えればとんでもないことになる。

このような悪循環により間違った教育を子供に施してしまう。
子供の悪事は親は認めない。
そんなのがいつから始まったのだろう。
間違いを知らないまま育ってしまい、より一層の悪循環を生んでしまう。
そこに歯止めをかけるための教育も今一普及せずじまいの現状。
普及しないのは機関が頼りないから。
まさにそのとおりだと思います。
やはり金銭が関わるとなるとやはり人はまっすぐ進めないもの。
マニュアル通りやってればいいや。そんな人がそういった仕事に関わっている限りこの問題も解決されることはないでしょう。
だからといってボランティアに期待をしてもきっと話は発展することはないでしょう。
現在の日本では未だに打開策は見出せないようです。
しかしやはり頼るとするならボランティアで動いてくれる人々なのでしょう。
しかしそんな大それたことではなくまずは身近な子供たちを見て悪さをしていればしっかり注意をしてあげることから一人一人始めればいずれ正された道が見つかるのでしょう。
「なんであんたがうちの子を叱るの?」そんな親にはいってあげてください「あなたが親に叱られて育たなかったからですよ」と。

また無駄に長くなっちゃった(・ω・)
しかもコメントのお返事になってないですね申し訳ない!
やはりというかこういった話もきっと大事。
実はいつでもこういう人間です私。
[PR]
by sukonbuyeah | 2007-07-07 03:44 | ふぇz。